Vasto Lorde´

goodbye, halcyon days.

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

goodbye, halcyon days.

いつの間に こんなに遠くへ来たのだろう
なにを捨て なにを手にしただろう

99,95

見失うのを恐れ ただ叫ぶことでなにかを求め
苦しみながらも 前へ進むことだけが唯一の支えで

99,96

プライドに呑まれ目が見えぬ
もがいた先になにが在る

99,97

日が陰り 雨を想う時でも
心には光 口唇には唄を

99,98

愛することを忘れ 夢見ることにさえ脅えていたけど
答えのないこの唄を殺すことで 輝く最期を拓こう

99,99

救いのない黒に目が見えぬ
それでも・・・叫ぶ意味は有る

100,00

消えないように 消えないように 痛みと声で刻んでいく
その先に血を流し 唄い続けることの意味を

0,00

どうか まだ終わらないように
このまま 闇を薙ぐように










aspost.jpg

辛くはない 悲しくはない 悔いはない 心も遺してはいない 
此処で起こった全ての出来事に 此処で出会った全ての人々に
そして誰より 僕を此処へ誘った 夢の中でだけ微笑むあなたに
ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう

goodbye halcyon days



*CommentList

今宵も黒い雨が降る

このゲームを始めたばかりの頃からの憧れ。鴉羽・黒雨・小烏。
黒と金と赤で統一されたデザインに目を奪われ、
当時、既にその装備に身を包んでいたアスラに憧れ、
とても神々しく見えたのが、つい昨日の事の様に思い出される。
とにかく自分も装備したい一心で我武者羅に狩りをして、
とうとうそれらを身に纏った時の感動は、今もはっきりと憶えている。

無題1147

当時、黒雨を使っていたアスラは異端さん、蛮くん、ジャムさん。
他にもいらっしゃったかもしれないが、僕にとっての長短二刀のパイオニアはこの御三方。
ジャムさんはN品を紫にして使っていたが、異端さんや蛮くんは特級神器を使っていて、
黒雨はその名の通り刃まで真っ黒なので、赤と青のエフェクトがとても綺麗に見えた。
いつかは自分もと頑張ってお金を貯めて、ついに自分も神器を手に入れた。

自分と近しい方は知っての通り、僕はここで一旦タントラから身を引いている。
それは自分の目的が果たせたから。その先に目標が無かったから。
で、自棄になって精錬とかすると、どういう訳か+11になったり・・・。

黒雨2

当初は命中精錬だったものを、ちょっと特別な物にしたくて、
最終的に冷気属性をオンタマでMAXにした。
命中が少々厳しい状態にはなったが、そんな事は自分にはどうでもいい事だった。
斬撃の度に表示される冷気のエフェクトがとても綺麗で、
属性精錬での与ダメ増加もあっただろうが、それを計測した事もない。
思い描いていたものが現実に完成した。それだけで満足だったから。

時は流れ、86装備、88武器、96装備、98武器と、続々と実装され、
異端さんから預かった86不動を着て更にレベルを上げ、蒼竜に着替え、
98武器が装備できる様になっても尚、黒雨と小烏は使い続けていた。

黒雨

そして最終目標、自分にとってこのゲームのゴールに設定した聖天まで後僅か。
このまま使い続け、聖天達成後に燃え尽きるまで精錬にかけようと思っていた矢先、
この黒雨をとても気に入って下さり、この先使っていきたいという方が現れた。
正直とても悩んだ。自分は基本的に、自分の使っていた武器は人に渡す事なく、
使わなくなったら燃え尽きるまで精錬にかけてきた。
この黒雨にしても、その例外ではないと考えていた。

そして悩んだ末の結論は「この黒雨だけは残したい」だった。
自分が居なくなった後も、この黒雨を使ってくれる人が居て、
その方がそれを心から喜んでくれるのなら、これだけでも残そうと思った。
取引条件は98長刀神器+9(呪精錬無し)との交換。
お互いにとって、決して悪い交換条件ではなかったと思っている。

黒雨でないのなら、小烏でなくてもいい。むしろ小烏じゃないほうがいい。
まずは98長刀・短刀を探しはじめた。
しかし98武器が品薄の為、なかなか手に入れることが出来ず、
その方に黒雨をお渡しすることも出来ないまま98武器を探し続け、
それでも手に入らない為、急遽アスラマーヤ討伐を行った。
近しい友人知人にササを入れてお願いし、
なかなか見つからなかった壁さんも運よく見つかり、協力して戴けた。

アスラマーヤ討伐

・・・・・・・・・・・・・・・一発で出た。98長刀「竜胆」
なんという引き。アスラマーヤ空気読みすぎだ。
PTMのご厚意で、それはとても安く入手する事ができた。
この場を借りて、再度御礼申し上げます。

僕が黒雨を譲るその方は、その日のうちに竜胆を神器にする材料を揃えてきた。
受け取った竜胆神器+9は、黒雨神器+15に相当する攻撃力なのだという。
しかし上でも述べた様に、火力だの何だの、そんな事は自分にはどうでもいい事。
この黒雨が大好きだった。このヴィジュアルが最高だった。
今でも黒雨に勝る魅力を持った長刀は無いと思っている。

まもなく僕は、この刀を振るう事も無くなるけど、
これからもあの黒雨が、この場所の何処かで、
それを心から欲した方の手で使われ、活躍する事を願います。

長い間ありがとう。大事にしてもらえよ。


*CommentList

えっちなピンクの象さん

(A`)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・白鳥です。





先日からガネ箱アイテム集めてもらおう企画の新ペットがお目見えしたようで、
数少ない自分の知人であるゴッツイ杖持ったガルーダさんも、
「えっちなピンクの象さん(はぁと←こんな事は言うてない」と言うてはったので、
「どれちょっとオイサンに見せてごらんハァハァ」とか言うて早速見せてもらいました。
うん。紛れもなくピンクの象です。まるくてちっちゃくてさんかくで(ぇ

Lv90台も大詰めとなり、今にも煙を噴きそうなPCをもう一台ゲットした僕は、
今更ながらに噂の2PCとやらに挑戦し、リアル薬叉をペットにする事に成功。
なのにここへきて新ペットでピンクの象なんてっ!卑猥ノキワミ、アッー!
べっ別に今までペットなんて飼った事ないしっ!欲しくなんかっ・・・!




















ペット
ごめんなさい。





ペット2
ついてくる><; かわいい><;





ペット3
行きすぎてめり込んでる><; かわいい><;





一頻り狩りをして、思い出したかのように名前を確認。
すると、当たり前みたいなツラしてこう言いおった。





プーシャン^-^)v










ダボが。ぬる過ぎて剣客にはそぐわない。

お前は今日から戦象兵2号と名乗れ。

ここではないどこかから「アッー!」とか聞こえたような気もしたけど、
そんなもんはスルーだ!戦象兵2号だ!これは決定事項なんだ!

そういえば、ペットといえばスキルですよ。さぁ何をしてくれる戦象兵2号!
リアル薬叉の支援を受ける僕に!お前は何をしてくれるんだ戦象兵2号!










ペットスキル
護法の盾の効果に上乗せされます・・・・・が・・・・・

ペットスキル2
・・・・・・・・・・アタルヴァアンギラス。



















ぷす。
ぷす。(左手的な意味で


*CommentList

X JAPAN 攻撃再開

X JAPAN / I.V.



Needles are piercing to my skin
I'll tell you the feeling what it's like
It's like just over perception
Is all pain a part of the fairy tale

But desire to play with my own will
Should I trade the breath of my life for freedom?

in the rain... I'm calling you. dear...
to find a way... Can't you see me standing right here?
feel my pain... Life is bleeding from fear
to find its way... I will give it straight from my vein

This never meant I can't sit by
They say as if it takes me somewhere
Just let me swallow the faith by injection
Let blood be rushing into my head, my love

I've played with this game before
to find a piece of my true self I'm lost within

in the rain... I'm calling you. dear...
to find a way... Can't you see me standing right here?
feel my pain... Life is bleeding from fear
to find its way... I will give it straight from my vein

I.V. in my vain to feel less its pain
Can you strip away the mystery of the world?
And that is sad part of its life
'Till the shape of a shadow fades
Forever fades away...

I'm calling you. dear...
Can't you see me standing right here?
Life is bleeding from fear
I will give it straight from my vein

in the rain... I'm calling you. dear...
to find a way... Can't you see me standing right here?
feel my pain... Life is bleeding from fear
to find its way... I will give it straight from my vein



①静脈注射/点滴

I.V.は「静脈内の」を意味するintravenousの略語。
医学用語ではintravenous injectionの略語で、
「静脈注射(静注)」「点滴」を表す。
歌詞から判断して、この意味が最も曲の主題に近い。



②数字の"4"

I.V.という字はローマ字の"Ⅳ"に点を打って出来ている。
ⅣはSAW Ⅳの4であり、X JAPANに残された4人のメンバーの数である。
"Can't you see me standing right here?"
この部分は「紅」の、あの有名なフレーズを思い起こさせる。
「俺が見えないのか すぐそばにいるのに」



③1997年9月22日

"I"はアルファベットの9番目の文字。"V"は22番目の文字。
"X"はローマ数字で10を表す。
1997年9月22日。10年前に解散を発表した日。
X JAPANは、あの9月22日から"10"年の時を経て戻ってきた。



④友情

I.V.は、IVY(キヅタ科)を暗示している。
I.V.とIVYは発音が同じであり、
IVYの花言葉は「友情」「永遠の愛」「死んでも離れない」である。
この言葉はきっと、メンバー間の変わらぬ友情を暗示している。




















(゜∀゜)うぉぉおおおおおおおおおおおおおお

X JAPAN 復活LIVE

(゜∀゜)うぉぉおおおおおおおおおおおおおお





S席 ¥12,800- 高ぇぇえええええええええええ!
でもそんなの関係ねぇぇええええええええええええ!





2日共チケット手配しました←





ランドセル背負ってた頃に出会い、青春時代と呼ばれる時期をずっと、
このバンドにかなりの割合インスパイアされて育ち、
その後の人生までをも大きく左右し、そして決定付けるに至った、
自分を語る上で切っても切れない、そんなバンドの復活ライブです。





これに行かなきゃ漢が廃るわ!





という事でですね、いきなり何のこっちゃいって感じなんですが、
Xといえば当時、毎年年末の30・31日に東京ドームでライブを行っていたんですが、
まぁそんなん余裕で皆勤だった自分なんですが(聞いてない
所謂都会派シティーボーイではありませんから、毎回遠征になるわけです。
でですね、そうなると折角お江戸まで行くわけですから、
ライブ以外の楽しみなんかも満喫して帰りたいと、そうなるわけですよ性的な意味で

冗談はさておき、何が楽しみってホテルの部屋です。あ、いや性的な意味じゃなくて。
ここぞとばかりに氣愛入れて部屋探すわけです。
上手く手配すれば、そこそこの値段で結構な部屋を押さえる事も出来たりします。
そんなちょっと狂ってる自分が一番気に入っているのがWESTINのとある一室。

NEC_0492.jpg

携帯で撮ってるので画質とかはアレなんですが、何せだだっ広いです。
日本でも由美かおるとしずかちゃんの次くらいに風呂が長い自分には嬉しく、
風呂がこれまたナウなんです。

NEC_0400.jpg

エグくて悪趣味な金細工はいいとして、何サイズなのか知らんですが無駄にデカいです。
でも風呂が広いってことは要するに寒いってことでs(ry
水が出てるとこの向こうにシャワーブースがあり、その扉の前にトイレと、
何だかよくわからない水が溜まったトイレのようでトイレでないモノがあり、
床は余裕で石です。冷たいです。
まぁ・・・使い勝手は決してよくはないということです(ぇ
でも気に入って使うのは、ホテルとしてトータル的な使い勝手がいいんだろうなぁ。
ちなみに、ベッドルームの写真がないのは仕様です←

東京の場合、友人にニューオータニのアレが居て色々ナニしてくれるんで、
今まではそれに甘えてきたんですが、
今回はちょっと新しい所も開拓してみたいとか思っています。
コンラッドとか興味あるんですが、使ったことある人いたらお話聞かせて下さい。
その他「ここいいよー」とかオススメもあったら是非ご一報下さい。

それでは今回、私事で勝手に盛り上がってしまい大変失礼致しました。
それではまた。ばいばい。


*CommentList

回想

・・・。





美少年博物館に連れてってくれるというので、
ホクホクとついて行った先で僕を待っていたのは
青少年科学館だったことがあります(実話)白鳥です・・・・・。

今回はただの回想です。
何の変哲もない自己満足の回想ですスイマセンほんまスイマセン。






革服
革
まだSSの撮り方もしらなかった。

戦隊長
戦隊長
まだまだSSの撮りk(ry

隠密
隠密
当時はとりあえずこれが着たかったです。

静寂
静寂
これも結構好きでした。

流星
流星
はじめて呪精錬をした防具。

幽玄
幽玄
これ大嫌いだった。ダサすぎる。

虎伏
虎伏
個人的名称はカラフル全身タイツでした。

伏竜
伏竜
ようやくカッコよさげになってきた頃。

鴉羽
鴉羽
これ着たときの達成感は忘れられない。
今でも鴉羽が一番かっこいいと思ってます。

蒼竜
蒼竜
個人的名称はセタ・スーツです。
サカナです。サカナの映像です。





引き続きマイペースにのんびりやってます。
桜が咲くまでにはお暇頂戴できそうです(遅
もうしばらくの間だけ、夜中の狩場にお邪魔させて下さいませ・・・。
それではまた。ばいばい。

*CommentList

ご案内

プロフィール

Kei shiratori

Author:Kei shiratori



TANTRA

Vishnu server

God:Shiva

AS:Vasto Lorde´



© 2003
HanbitSoft Inc. All rights reserved.

© 2006
GungHo Online Entertainment, Inc.
All Rights Reserved.

当ページに掲載しているコンテンツの再利用
(再転載・配布など)は禁止しています。

最近の記事

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。